カテゴリー「戯言」の記事

2015年1月25日 (日)

鳥好きの戯言 【7】

【5】で下記のように書いた。


30年、40年前から、ほぼヒマワリだけを食べて、
現在も生きている個体が多数いる。



これは中型以上のインコ・オウムに対して書いたものだが、
これだけを読んで
「鳥ってそんなに長生きなの?!」と思われた方が居るに違いない。
いや。話の流れ的に、ぜひ居て下さい。
なにせ今回は、
長生きはペットとして利点なのか欠点なのかを語ってみたいからだ。



小鳥の寿命は、多分その身体の大きさから考えても、随分長い。

小さな十姉妹の平均寿命が5年程度。
セキセイが7~8年。
コザクラ・ボタンは10~12年。

そう。一番小さな十姉妹ですら、ハムスターより長生きなのだ。
上記はあくまでも平均寿命なので、
事故や病気がなければ、大抵はもっと長生きする。
愛すべき家族と長く一緒に暮らせるのは、とても幸せなことだ。
失ったときのショックも当然大きくなるが、
それでも、長く一緒の時間を過ごせると言うのは利点だと思う。


が、しかし、利点と言えるのはこれくらいの長さまでで、
悲しい事に、これ以上になると欠点になってしまうのである。


オカメインコの平均寿命が15~20年。
前出のコガネメキシコも同じ位。
コガネと大きさも同じ位だが、
平均寿命25年~と長いのはアケボノインコなどのピオヌス系。

そして、大型インコ・オウムともなると・・・
ボウシ・モモイロが30~40年。
ヨウムとコンゴウが50年~。
白色オウムは、大きさによって40年~80年くらいの開きがある。


ってな具合。



想像して貰いたい。
もしも自分が30才で白色オウムの一種、オオバタンをお迎えしたとしよう。
(オオバタンは白色オウムの中で最大級)
平均寿命内の50年生きたとしたら、自分は80歳である。
病気も無く健康に余生を過ごしていれば良いが、
病気を抱えてペットの世話など出来ないかもしれない。
それどころか、果たして自分は生きているのだろうか?

「おじーちゃん(おばーちゃん)の鳥は、私に任せて!!」
そう言ってくれる可愛い孫でも居れば良いが、
それだって30才の自分に分るはずも無い。


ならば、もっと平均寿命の短いオカメインコくらいなら良いではないか。

それが、実際自分が飼ってみると分るのだが、
たった15年の間でも、人生は大きく変わるものなのだ。
それは結婚かもしれないし、子供の誕生かもしれないし、
引越しだってするかもしれないし、家族が病気になるかもしれないし・・・。
家族の誰かがアレルギーを発症する可能性だって否定出来ない。
非常に残念だが、大抵の人は未来予知など出来ないのだ。


これが、長生きのペットを飼う欠点だ。



では、中型以上の鳥を飼うのをお勧めしないのか。
そう問われると、そういうつもりではなくて・・・モゴモゴモゴ・・・と。

小型の鳥には小型なりの、中型の鳥には中型なりの、
そして大型の鳥には、やはりそれなりの醍醐味がある。

それは、確かにそうなのだ。


ただ、間違いなく欠点もあるのだと、
それだけは忘れないで頂きたいと思う。
飼い主の事情で手放される鳥は、飼い主以上に不幸だ。
どうか、不幸な鳥をこれ以上増やさない為にも、
安易な気持ちで長寿な鳥を求めないよう切に願う。

2015年1月 5日 (月)

鳥好きの戯言 【6】

【1】で『鳥ブーム』について書いたが、
今度はブームはブームでも、『鳥種ブーム』について。



飼い鳥の鳥種ときいて、おそらく鳥に興味の無いほとんどの方は、
インコとかオウムといった大雑把なイメージと、
文鳥くらいしか思いつかないかとは思う。
しかし、現在飼い鳥専門店で普通に見かける鳥種は、
犬猫の一般的に見かける品種数を遥かにしのぐ・・・と書くと驚かれるだろうか。
まぁ、あくまでも『鳥専門店』での話しなので当たり前だが。

『鳥専門店』でなくとも、実は皆様ご存知イオンに入っているペットショップでも、
場所によっては相当な鳥種を見る事が出来る。
最近は本当にブームなのか、“レアです!”と札に書かれて、
以前ならいわゆる『鳥獣店』でしか見掛けなかったような鳥種が、
ちょこりんと居座っている姿も見る事があるくらいだ。


このように、飼い鳥と一口に言っても大変種類が多く、
当然ながら時代によって流行廃りがあったのだ。
【1】で少し触れた九官鳥しかり、なのである。




50年ほど前、飼い鳥は今よりもポピュラーだった。
(40代半ばの私は、それ以上前は分らないので申し訳ない)
その当時流行っていたのは件の九官鳥や文鳥やカナリアや和鳥だ。
セキセイインコは少し遅れての流行だと思う。

とにかく、その頃は今以上に多くのご家庭が鳥を飼っていた。
禽舎で何十羽と飼育していた家庭も、けして少なくはなかった。

本当に、『古き良き時代』だったのだ。


その後徐々に小鳥のブームは去り、
細々と飼われ続けていたのがセキセイインコとコザクラ・ボタンインコ、
そして文鳥ではないか・・・と思う。
なにせ軒下には鳥かごを吊るさなくなったので、
何の鳥が飼われているのか分らなくなってしまったのだ。
(鳥の安全のためにも、喜ぶべきことではあるが・・・)


そして今から20年ほど前、オカメインコ大ブームがやって来た。
何処のペットショップ(専門店ではなく)へ行っても、
「オカメは入荷しずらいんです」と言われるくらい、
多くの鳥好きがオカメインコを欲しがるようになったようだ。
実は私もその一人で、オカメインコを探して名古屋近郊のショップに
片っ端から電話をかけたものだ。

数少ない飼い鳥の書籍でも、オカメフィーバーは歴然だった。
専門の飼育書と言えば何十年とセキセイ・文鳥くらいしかなかったのに、
『オカメインコの飼い方』が堂々のランクインである。
これは、飼い鳥界にとって大いなる転機だったと私は思う。

このオカメ人気は衰えることなく、現在でも進行形である。



その後メキシコ原産のコガネメキシコインコ小ブームがあった。
陽気で人懐っこく目に鮮やかな羽色。
コンパニオンバードとしてなかなかの逸材だ。
しかし残念ながらこの鳥、かなりの金切り声で鳴くので、
少々飼育環境を選ぶのだ。
もしや、この鳴き声さえ無ければ、その後のオカメ人気も危うかったかもしれない。

コガネ小ブームからこれまで、
マメルリハインコ、サザナミインコ、と小小ブームは幾らかあったように思うが、
最も最近のブームはウロコインコではないだろうか。

このウロコインコは、前出のコガネメキシコと同じコニュア系ではあるが、
コガネほど大きな声で喧しく鳴かない。(とは言っても割とうるさい・・・)
しかも、性格は陽気で人懐っこくスキンシップ好き。
おそらく、大人し目のオカメでは物足りない鳥好きには、
「待っていました!」の大本命だったのだろう。

実際、我が家にウロコインコが一羽居るが、
小さい身体で自己主張は大型インコに負けていない。
まさに“小さな大型インコ”そのもの。
成程、このインコが人気なのも分る・・・と言うのが、
40年鳥を飼い続けた私の感想だ。



そう。
犬や猫の人気品種が変わるのと同じように、
飼い鳥界でも、その時代その時代で人気のある種類が移ろっていったのだ。

犬や猫と違い、鳥は選ぶ種類によって性格や声や行動が全く違う。
自分の生活環境と好みを考慮し、たくさんの種類から相棒を選べる。
これこそが鳥飼いの醍醐味の一つとも言える。




ま、そうは言っても、
昔も今も譲ることなき王道はセキセイインコであるのだが。

















2015年1月 4日 (日)

鳥好きの戯言 【5】

【3】【4】では“小鳥の餌”について能書きを垂れてみたが、
敢えて中型以上のインコの餌には触れなかった。
それは、中型以上の鳥の餌が、小型とはあまりにも違っていたからなのだが。




実は一般的にはあまり意識されていないようだが、
犬猫と違って鳥はバラエティーに飛んだ食性の生き物なのである。


そりゃーその筈、分類学上では犬と猫それぞれに
イエイヌ亜種 イエネコ亜種 の一種のみであるのに対して、
鳥類は多岐に渡った種で構成されている。
飼い鳥として有名所のセキセイインコと文鳥だけを取ってみても、
セキセイがオウム目に対して文鳥はスズメ目である。
この『目』ってのが分類学でどの位置に当たるかと言うと、
上から順に並んだ 『界』『門』『網』『目』『科』『属』『種』、この真ん中辺りな訳だ。

ちなみに、犬と猫は、同じ『ネコ目』に分類されているので、
セキセイと文鳥 は、犬と猫以上に違う生物とされている事になる。

何故鳥がこんなに細かく分けられたんだか・・・と、
上っ面しか学習していない私は思わないでもないが、
とにかく分類学ではそうなっている。
(ついでに書くと、皆さん大好き鶏肉のニワトリさんは、キジ目である)


そんな訳で、飼い鳥という狭い枠の鳥種だけに限定しても、
野生下では、それはそれは色々な食物を摂取する姿が想像して貰える事と思う。





前置きがえらく長くなってしまった。



中型以上のインコの餌に話を戻すが
近年の中型以上の鳥の食べ物は、断トツでペレットが多い。

特に、ペレットが一般に出回った20年前以降、
市場に出回った固体の多くがペレットをメインに食べている。
小型の鳥の比ではないくらい、ペレット派が多いようだ。

またこれは、やはり20年くらい前から鳥の専門店が増えた事も
要因の一つだと思うが、いかがだろう。
(もう一つの要因は、市場の鳥がブリーディング固体になったからだろうか)



さて、鳥を飼育した経験の無い方に質問。
ペレットが普及する以前に、大きなインコやオウムが何を食べていたか、
ご存知の方は居られるだろうか。


もしかしたら「ヒマワリの種だよー!」と答える方がいるかもしれない。


そう。ヒマワリなんである。
あくまでも20年くらい前までは、と限定付きで。




中型以上の大きな身体を持つ鳥は、
やはりその身体に見合った栄養が必要だ。
この辺りはその鳥ごとの食性など、非常に細かい話なので割愛するが、
早い話、“小鳥の餌”では栄養が足りないので、
てっとり早くエネルギーになるヒマワリを与えられていた・・・らしいのだ。(※)

実際には、ヒマワリだけでは到底必要な栄養素は摂取出来ない。
人間で言えばアンパンだけでずっと生きているようなものではないだろうか。
とにかく、そんなんで健康的に生きられる人は、殆ど居ない・・・と思う。



しかし、ここでも『鳥』という生物の許容範囲に驚かされる。
30年、40年前から、ほぼヒマワリだけを食べて、
現在も生きている個体が多数いるという事。
ヒマワリを食べるとしか聞いてなかったのだから仕方ないのだが、
それで何十年も生きるのだから、
いったいこの生物は、どこまで生命力がある生き物なんだろう。

この生命力に満ち溢れた生物が、今まで以上に食事に気を使って飼育されれば、
どれ程寿命を延ばせるのだろう。




やっと欧米並みに“鳥の餌(小鳥の餌ではなく)”が揃ってきた、日本の飼い鳥界。
きっと、これまでより多くの鳥が、
世代を超えたオーナーの下で、家族として大切にされるのだろう。



「この鳥、おじいさんが若い頃ボーナスはたいて買ってきたんだよ」とか、
「おばーさんが嫁いできた時の連れ児でね~、
他の人になかなか懐いてくれなくて困ったわ~」とか。
未来の鳥飼い家庭の会話を想像してみる。


ほらほら。
ただの妄想だが、楽しい事この上ないではないか。








※ 一説によると、ほぼ輸入でしか大きな鳥を手に入れられなかった昔、
その輸入の際に、カゴの中に入れられていた餌がヒマワリだった為、
大きなインコやオウムに不慣れな日本人は、
「そうか、ヒマワリを食べる鳥なのか!」と勘違いしたんだとか。
ちなみに、その当時はヒマワリ以外に鳩の餌なども与えられていたようだ。


2014年12月24日 (水)

鳥好きの戯言 【4】

戯言を書き出したら、止まらなくなった。
私の脳内では、鳥ネタが尽きることはないらしい。

そんな訳で、その【4】。






前回の【3】でチラリと登場した“ペレット”について。

“ペレット”ってなんぞ?と、鳥飼い以外の多くの人が思うだろう。
簡単に説明すると、ドッグフードやキャットフードの鳥版である。
多くがとうもろこしが原料で、それを砕いて固めたものだ。
ドッグ&キャットフードと同じく、単体で総合栄養食となる・・・と言われている。


「言われている・・・って、何故そんな書き方?」と思われた方、
貴方はなかなか鋭い。


このペレットは大半が欧米からの輸入物で、
普通のペットショップ店頭で見掛けるようになって、まだ20年弱くらいなのだ。
当然、ペレットメインで鳥を飼育してきた人と言うのは、
「私って鳥バカ~ぁ」と自虐的に笑うような人くらいなものだ。
(勿論、原産国ではもっと長く多く普通に使用されているのであろうが)
今では鳥を診れる医師でも、鳥専門のショップでも、
こぞってペレット食を推奨しているのだが、
正直に書くと、この総合栄養食が、どの程度鳥の健康に関与しているのか、
まだ手探り状態なのではないか・・・と思う。

ペレットの成分は検証済みで、それに難癖つける気は毛頭無いが、
いかんせん、ペレットメインで飼育されてきた個体が少な過ぎる。



鳥は、割と平均寿命の短い十姉妹や文鳥ですら8年くらい生きる。
病気や事故さえなければ、10年を越えて生きる個体も珍しくない。
ペレットを一般で見掛けるようになって20年、
更に、ペレットメインで長期飼育された個体が一部しか居ない、とくれば、
まだまだペレット食の好影響が未知数なのは、お察し頂けるのではないだろうか。


この、ペレットでどれほど鳥の健康が保たれるかは、
私自身も大いに興味ある。
ぜひとも多くの鳥飼いの人に、ペレットチャレンジ(※)して欲しいと思う。




※ “小鳥の餌”からペレットへの切り替えには、かなりの根気と知識が要る。
知識無く無闇矢鱈とペレットに切り替えようと試みるのは止めて欲しい。
下手をすると、大切な家族が調子を崩す事になるので、
必ず獣医師や専門ショップ等の指導の下で行って欲しい。
そして、もしもペレットを食べてくれなくても、この子はそういう子なのだと、
貴方自身が割り切って欲しいと思う。







ところで、先ほどから「ペレット、ペレット」と書いている私だが、
実は、ペレットメインで飼育する鳥は、
現在我が家に居るウロコインコのりっちゅが初だ。

(数年前までスズメのふえちんと言う子が居て、
この子はあまりに小さく両足が不自由だったので、
獣医さんの指導の下完全ペレット食だった。
が、あくまでも飼い鳥では無かったので、この際除外させて頂く)

今年の初め頃、17才で虹の橋を渡ったオカメのかのんが、
多少はペレットを食べていたが、完全ペレット食にはならなかった。
我が家最年長の同じくオカメあるるんは、全くペレットを受け付けない。


このようにペレットは、栄養価こそ優れているのだが、
残念ながら鳥達には好まれない。
ペレットと“小鳥の餌”を並べて置くと、ほとんどの鳥が“小鳥の餌”を選ぶ。
例え“小鳥の餌”が無くなろうとも、ペレットに嘴を付けない固体まで居る。
そう。これこそが、なかなかペレットが普及しない原因なのである。

メーカーの方々には、ここん所、何とかして頂けないものか・・・と思うのだが。







2014年12月23日 (火)

鳥好きの戯言 【3】

【1】【2】では、最近の鳥飼い事情について書いてみた。
書くに当たり昔の鳥飼い事情を思い出してみて、
随分変わったものだと再認識した次第だ。


例えば、鳥の餌。




鳥の餌と聞くと、多くの人はスーパーなどのペット用品の棚に並ぶ、
細かい粒粒の入った鳥の絵(写真)の袋を思い描くのではないだろうか。
あの細かい粒粒は、粟や稗やキビやカナリーシードなどの雑穀だ。
『皮付き』と『ムキエサ』があるが、配合さえ違うものの大体内容は一緒で、
驚くことに私の知る限り40年以上前から変化していないのである。

この配合餌で飼育出来る鳥は、
小型のフィンチ類と小型~中型のインコ類といった幅広い洋鳥(※1)に渡る。


“小鳥の餌”は、一緒の棚に並ぶ犬や猫の餌より安価でお手ごろ価格だ。
小鳥は、この“小鳥の餌”だけで飼育する事が可能である。(※2)
小鳥の飼育の容易さは、正にこういった手軽さにも左右されたことと思われる。
ただし、けしてお勧めはしない。
スーパーなどで購入出来る“小鳥の餌”は、
火急の事情などで、普段からの餌を購入出来ない時に限った方が良いだろう。






では、近年の小鳥達はいったい何を食べているのか。
実は、大半は40年以上前から変わらない、雑穀の配合餌・・・と思われる。
元来、彼らの食性が概ね穀食性である事から、この事はなんら問題はない。
(文鳥は雑食性で、昆虫も食べる)
この20年ほど前よりペレットと呼ばれる飼料が一般に出回るようになったが、
おそらく多くの小鳥達は、今でも雑穀の配合餌を食べている。


「さっき、お勧めはしないって書いたばかりじゃないか!」
とおっしゃる方も(読んでいる人が居るとは思えないが)おられるだろう。




何故か。


スーパーなどで売られている“小鳥の餌”の原材料は、
ほぼ100%が輸入品で品質が良くなく、だからこその安価なのである。
昔は国内産の、人が食べるものとして栽培された穀物を飼料に転化していたようで、
現在の“小鳥の餌”とは品質が違っていたらしい。
だから、お勧めはしないのだ。



でもこの事実は、私などに指摘されるまでも無く、
鳥飼いの基本として認識されつつある・・・と思う。

折りしも、現代はネット時代である。
高品質の飼料を使用した、鳥専門店の配合餌が手軽に購入出来るようになった。
そして、数少ないとは言え鳥専門医も幾らかおられ、
摂取栄養についてもご教授願える時代だ。
こうして近年の鳥飼いは、大切な家族の為に食事を選ぶようになったのだ。





40年以上鳥を飼い続けている私にとって、
この変化には、目を細めて笑顔になるしかない。

どうか愛する家族の為に、安全で品質の良い食べ物を選んで頂きたい。
そして、彼らと長く楽しい日々を送って欲しいと願って止まない。






※1 小型フィンチ:文鳥・十姉妹・錦華鳥・胡錦鳥など
小型~中型インコ:セキセイ・コザクラ・ボタン・オカメなど。
(カナリヤだけは羽色や声音を楽しむ鳥な為、多少違った餌になる)
これに対して和鳥と呼ばれるメジロやウグイスなどの場合、
日本では古来より“すり餌”と呼ばれる特殊な飼料で飼育されてきた。


※2 健康的に長生きさせる為には、
当たり前だが“小鳥の餌”だけでは無理だ。はっきり言って小鳥が可哀想である。
人間だって、水と米だけでは健康に長生きは出来ない。
同じことである。










2014年12月18日 (木)

鳥好きの戯言 【2】

“鳥好きの戯言 【1】”で、
近頃は散歩をしても軒下に鳥かごを吊るした家など無い、と書いた。
はっきり言う。
このご時勢、そんなご家庭など無いのが当たり前だ。

分っていて書きました。すみません。



では、何故鳥かごを軒下に吊るすご家庭が無いのか?
それは、現在鳥を飼育してる人は、大抵鳥が好きな人ばかりだからだ。
鳥が好きな人は、皆知っているのだ。
軒下になんて吊るして飼うのは、大好きな鳥に百害あって一理無し。
いや、一理くらいはあるか?・・・二理・・・三理くらいある・・・かも?



まぁともかく、軒下に鳥かごは、あまり褒めた行動では無いのだ。


第一に、カラスやヘビ、猫などの天敵に襲われやすい。
次に、寒暖さが激しすぎる。
更には、世話をする時にうっかり籠脱け(逃がしてしまうこと)させやすい。



重ねて書くが、最近の鳥飼いは、イコール鳥好きなんである。
誰が好き好んで、大事な家族を危険な場に置くだろうか。
この時代、犬や猫は当然の事、トカゲなどの爬虫類もウサギなどの小動物も、
中にはコイを屋内で飼育する人だって居るかもしれない。
大切なペットは屋内飼育が大多数派なのだ。
鳥だってご他聞に漏れず、屋内飼いが基本になったって訳だ。
(ただし、例外もある。
屋外に禽舎がある場合と日光浴させてる場合である)




もしも身近で、軒下に鳥かごを吊るしている家があったら、
『古き良き時代』に鳥を飼っていたご家庭なのかもしれない。
間違っても「脳内が進化していないですよ」なんて言ってはいけません。
40年前はまさしくそれが普通で、
今も鳥を大切に思っているからこそ飼育しているのだから。

さりげなく「お家の中で家族と一緒の方が、
鳥さんは楽しいと思いますよ」と伝えて下さればと思う。


あくまでも、さりげなく。

2014年12月16日 (火)

鳥好きの戯言 【1】

私は鳥好きだ。
飼い始めがいくつの時だったのかは記憶にないが、
小学校に上がった頃には2羽目の文鳥を飼っていたので、
少なくともそれより数年は遡る計算になる。
ともかく、今から40年近く前の話である。
(しかし、一番古い記憶の鳥は黄色いセキセイ。いったい何才の記憶なんだか…)




巷で『鳥ブーム』と言われるようになった昨今、
実は上記の時代の方が、今なんかよりずっと小鳥が身近だった・・・と思うのだ。

近所を10分も散歩するだけで、
軒下に鳥かごが掛かっているご家庭を複数軒見つけられた。
文鳥だったりセキセイだったりカナリアだったり十姉妹だったり。
時には竹かごに入ったウグイスだのメジロだのを見掛ける事もあった。
喫茶店の入り口に、看板鳥の九官鳥がいた時代である。
名前は十中八九“キューちゃん”(笑)。
お客は皆“キューちゃん”が好きだった。
「お。キューちゃん、おはよー!」とか、「キューちゃん、またね」とか、
店員に話しかけるように声を掛けて、彼らのカゴの前を通っていった。
飲食店の店頭に鳥が居るだなんて、
今だったら「不衛生だ!」とイチャモン付ける輩がいるに違いない。

当たり前に鳥が生活に溶け込んでいた。
私にとってはまさに『古き良き時代』・・・と思うのだ。




では、現在の『鳥ブーム』とは?
自分の周りを見渡しても、鳥飼いの人など居ない。
私の周りだけなのだろうか?

でも、いくら散歩をしても、
鳥かごを軒下にぶら下げているご家庭など見当たらないし、
ましてや、喫茶店の入り口で九官鳥の姿を見る事など無いに等しい。
ただ、ショッピングモールの雑貨売場を覗くと、
以前はなかなか探せなかった『鳥モチーフの雑貨』が幾つも並んでいたりする。

鳥飼いの『鳥ブーム』ではなく、鳥モチーフのブーム???
何だか、これがブームの真相な気がしてきた今日この頃である。



鳥飼いの鳥好きには寂しい話だが、
何十年と犬・猫・小動物に人気で差を付けられてきたのだから、
この際鳥モチーフのブームでも受け入れるべきか。






鳥モチーフ好きな人も、また鳥好きでなのである。





2014年12月10日 (水)

戯言カテゴリー

新しく『戯言』というカテゴリーを作ってみました。



日記ではなく、あさぞうが日頃思っている事を
つらつら書きなぐっています。


しかも、ですます調やらしゃべり口調ではなく、
~である、とか~だ、とか(これ、何調って言うの?)、
ちょっと論文?みたいな感じで書いていこうと思っています。

実は私、このある意味横柄な文章体が
一番書き易いヤツなのです(笑)

ま、『戯言』ですから。
もし読んだ方がいらっしゃっても
「勝手な事ぬかしとるわ~」くらいに苦笑いして素通りして下さいね。






その他のカテゴリー

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ