カテゴリー「趣味」の記事

2017年2月12日 (日)

怪盗ジダンさま~! in 明治村



ずっと体調が思わしくなかった私のせいで、
なかなかお出掛けしていなかったあさぞー家。
何だかんだと、家族で出掛けるのは4ヶ月ぶりくらいだったりするんですが~・・・




怪盗ジダンさまの弟子になってきたぜ~!!



Img24671


これです。

明治村、謎解きイベント『明治探偵GEME』からの派生で、
『明治怪盗GAME』です。




去年の夏頃、明治村で謎解きイベントが開催されてるのを知ったんですが、
謎解きゲームって何だか敷居が高いような気がしたのと、
私の体調があまり良くなく、
ちゅー兄ぃ絡みの予定で精一杯だった為に見送ってました。


今現在、USJで開催中の『名探偵コナン・ザ・エスケープ』に行こうと思い立ち、
(実は私とちゅー兄ぃは大のコナンファンですっ♪)
折角大阪まで出掛けるなら、ちょっとは謎解きに慣れて行った方が良いよね?と、
ならば、近場の謎解きゲームに参加しよう!と相成った訳です。


謎解きゲーム初参加で、かな~りビクビク・ドキドキ・ワタワタでしたが、
終わってみれば、旦那とふたり「これは面白いっっ!!」と大興奮でした。

今回のこのゲームは、どうやら大人向けの物だったらしく
(チケット取るまで気付かなかった・・・)
ちゅー兄ぃに合わせて解き方のレクチャーしていたりしたら、
全然時間が足りなくて半分もこなせませんでしたけどもねっ(笑)

20170212_meiji_kaitoh1

20170212_meiji_kaitoh2

↑ちょびヒゲに変装中。



3月にはメインストーリーである『明治探偵GAME』が開催されるらしく、
そっちは子供向けなタイプがあるみたいなんで、
次回も参加しよう~!!と燃えてます。







勿論園内も楽しみました~。

20170212_meiji_fuukei3

ステンドグラスが非常に美しい事で有名な聖ザビエル天主堂。



20170212_meiji_fuukei2

本物を見るのは30年ぶりくらいでしょうーか(歳がバレます。笑)
相変わらず見惚れます。
キレイな物に大して興味を示さないちゅー兄ぃでさえ、
ぽかーんと口を開けて見上げてました。




20170212_meiji_fuukei4

人力車。
走ってくれないけどねっ。
置いてあるだけ。乗って撮影するのはオッケイっ(笑)



今では少なくなった電話ボックスも。

20170212_meiji_denwa1


20170212_meiji_denwa2


20170212_meiji_dennwa3


20170212_meiji_denwa4

詰めの甘かった電話ボックスだったよーです(笑)






20170212_meiji_fuukei1_2

よく晴れてたけど、結構寒いです。

20170212_meiji_asobu

溶け残った雪を見つける度に乗る。
必ず、乗る。


この日は靴の中にカイロを入れていたのですが、
ちゅー兄ぃ「全然暖かくないねー」って。
そりゃそーだろ・・・。
雪見る度に乗っかってるもん。



園内を走るSLの最終便に飛び乗って・・・

20170212_meiji_fuukei6


20170212_meiji_fuukei5

結局朝10時から冬季限定ライトアップの時間直前まで、
散々遊び倒したあさぞー家でした。
(ライトアップは寒くて見てません~)






2015年5月10日 (日)

5月4日 博物館③ 『進化して鳥へ』


バスに揺られながら「化石が見つかって良かったね」などと話していると、
周りから「あれ?博物館過ぎたよ」とか「まだ渋滞してる!」とかの声が上がりました。

大渋滞起こしている車の列を横目に、
博物館からどんどん遠ざかるバス。
「ここからは特別ルートで戻ります♪」とガイドのお姉さんが一言。

そりゃー、あの大渋滞の列に並んだら、
いつ博物館に到着するか分らないけどさ・・・。


って言うかっ、今3時前だよ?!
博物館は5時閉館ですけどっっ?!!
あの渋滞に並んでいる方々は、いったい何しに博物館へ???

20150504_yagai7

博物館から1~2kmは離れているでしょう。


つくづく、早め早めに行動を起こして良かった・・・と思ったあさぞうでした。




さて、博物館に戻った、ちゅー兄ぃ・旦那くん・あさぞうの3人。
旦那くんは寝不足でついに動く事を断念し、
車に戻って一眠りするそうです。

とりあえず、あさぞうは父母と合流する事にしました。


博物館内はまだ人でごった返しています。
身障者で車椅子の親と、どこへ行ってしまうか分らない子供を連れ、
この喧騒の中を見学するのはかなり無謀です。
いっその事ライブラリーにでも行くかと、
人ごみから離れて静かな通路に入ってみました。


ライブラリーには、私たちの他に一組の親子しか来ていませんでした。

ちゅー兄ぃは早速本を読み始め、
父母も流されていた古生物関係のビデオを見ています。
よし、これなら私一人で見学に行けるぞ~!


私も寝不足でかなり辛い状態なのですが、
どうしても見たいものがまだあるのですっ!
これを見ずして帰れるものかーーーっ (≧ヘ≦)





再び人ごみの中へ戻り、ここで一番見たかったモノのゾーンへ向います。
それは、勿論これ。

鳥への進化。



20150504_sinka1

館内が暗くて、上手く撮影する事が出来ません。
ボケボケで見にくいのですが、左端に書いてある文字は“獣脚類”です。

“コエロフィシス”、これが2億年以上前の鳥さん達の先祖です。
(中生代の三畳紀と呼ばれる頃です)
「なんだ、全然鳥と違うじゃん」って言わないで下さい~(笑)
実はこの“コエロフィシス”の骨、中が中空なんですよ!
そう。鳥さん達の中スッカスカの骨は、
こんな大昔から代々引き継いだ遺伝子だったのですね~。


この系統にはティラノサウルスも含まれているのですが、
ティラノは例外的にでっかくなった種類のようで、
大抵のコエルロサウルス類は小型なんだそうです。

ここから今の鳥類へと進化が始まったと考えられているそうです。



20150504_sinka2

でもって、こんな昔に叉骨も登場します。

鳥さん達が空を飛ぶために必要不可欠な叉骨。(叉骨を骨折すると飛べません)
この頃の飛べない恐竜に、いったい何の為に叉骨が必要だったのか・・・。
謎過ぎです。


20150504_sinka3

“マニラプトル類”は飛ばしました。ここからが鳥類です。
羽毛恐竜の発見が相次いだ為に、恐竜と鳥類の境が非常に曖昧ですが、
一応ここから先が鳥類って事になっているそうです。
“アーケオプテリクス”=“始祖鳥”。



20150504_sinka4

右側の“エナンティオルニス”は、K-T境界と呼ばれる大量絶滅で滅んだ鳥類です。

K-T境界 → 白亜紀から新生代の境目。
   ユカタン半島付近に落ちた巨大隕石のせいで、
   地球規模の大量絶滅が起こったと言われています。


20150504_sinka5

見難いですが、下がアーケオプテリクス(始祖鳥)、上がタカの骨格です。
竜骨突起の有る無しと、しっぽの有る無しくらいがパッと見大きな違いでしょうか?



20150504_toritoritori2

シノサウロプテリクス(中華竜鳥)
この化石が見つかって、恐竜から鳥が進化したと知らしめました。
今の鳥さん達に生えているフワ毛の、もっと原始的な羽毛が生えていたようです。


20150504_toritoritori1

同じく シノサウロプテリクス

20150504_toritoritori3

カウディプテリクス
胃石がはっきり残っています。
今の鳥さんでも、こんなに小石は呑まないんじゃ・・・(笑)

20150504_toritoritori4

アーケオプテリクス(始祖鳥)








ここから先の画像は、とあるブログから勝手に拝借しました。
何枚写真を撮っても撮れなかったんです・・・(泣)
こちらのお写真は大変キレイに撮影されていて、
シノサウロプテリクスなんて可愛いくらいです。

元画像の撮影者の方、
もしこれを見て不快に思われたら即消しますので
コメント欄で結構です。ご連絡ください。

勝手に拝借、本当に申し訳ありません!!

E0040345_155932391

シノサウロプテリクス

E0040345_155954321

シノルニトサウルス?
カウディプテリクス?

E0040345_1606831

始祖鳥





最後、時間があまり無くて大急ぎで見学しましたが、
鳥好きあさぞう、鳥の進化が堪能できて楽しかったです。

そして、待望のこのゾーンを見たら、ドッと疲れが増して来ました。



もう、帰ろう。







ちなみに、帰りは福井~岐阜ずっと雨が激しくて、
ワイパーを動かしていても前が全く見えなくなるほどでした・・・。
運転していたのが自分じゃないのに、
緊張で疲れが倍増します・・・ (ノ_-。)



長い一日が終わりました。






5月4日 博物館② 『ちゅー兄ぃ、研究員になる』

早い時間に昼食を取って正解でした。

あさぞー一行が並んだ時は、レストラン20分待ち。
でもね、これはまだまだ序の口だったようで、
私たちが食べ終わる頃には、プラス30分ほどの待ち行列が。

このレストランしか食べる所が無いから仕方ないんですがね。



ちゅー兄ぃが選んだ“ガオガオドッグ”。

20150504_gaogao

パンの形が恐竜なんですよ。

他にも、恐竜にちなんだメニューが色々あったのですが、
あさぞー一行、ちゅー兄ぃ以外は大人だったので誰も選ばず。
後から「やっぱり“恐竜の巣カレー”頼めば良かった」と後悔してしまいました。






そして、食事後は父母を博物館に残し、
ちゅー兄ぃ・旦那くん・あさぞーの3人はバスに乗り込みます。

20150504_ittekimasu1

画像には写っていないのですが、バスは3台います。
それぞれが福井で発見された恐竜の名前がつけられています。
“フクイサウルス号”・“フクイラプトル号”・“フクイティタン号”です。

日本で発見された新種恐竜は4種しかなく、
その内の3種が、この福井県で見つかっているそうです。



それでは、いってきま~す♪
(↓バックに写っている人垣は、入場待ちの行列です・・・)

20150504_ittekimasu2




どこへ向ったかと言いますと・・・

20150504_ittekimasu3

こんな標識が点々と立っている、関係者以外立ち入り禁止の山奥です。

バスが動いている為、なかなか撮影が出来ず、
やっと判別出来たのはこの一枚だけ・・・ (^-^;





バスに揺られる事20分。
目的地に着きました。

20150504_yagai1

20150504_yagai2

ここは“野外恐竜博物館”の名前で公開されている、
実際に恐竜化石が見つかった発掘現場です。


展示室を見たり(恐竜の足跡や植物などの化石が展示してあります)、
こんな化石がどこどこの層から見つかったのですよ~、
と言ったお話を一通り聞き、今度は↓こんな道具を借りました。

20150504_yagai4

ハンマーとタガネです。
オレンジ色のゴムは、素人が手を叩かない為のガードです。
(ゴーグルもお借りしましたが、既にあさぞーが着けちゃいました)



ちゅー兄ぃ待望の“化石発掘タイム”です~!


20150504_yagai3

20150504_yagai_tuika

せっかく借りたタガネですが、小学2年の不器用なちゅー兄ぃには使えず、
岩石をハンマーで叩き割っています。
良いんだけださ~、それ、化石が入っていたら化石ごと粉々だよね・・・ (;;;´Д`)



20150504_yagai5

運が良い事に、植物の化石を見つけました!
黒い筋に見えているのが化石です。


でも、実はこの化石、一部あさぞうによって破壊されています・・・。

岩石って固くてね、なかなか割る事が出来ないのですよ。
それで割りやすい石はないかと探していたら、
黒い筋の入った塊を見つけました。

試しに筋に沿ってタガネを当てたら、おおっ!割れるではないか!!
カーンカーンカーン!カキッ!!(v^ー゜)ヤッタネ!!


丁度その時に研究員の方が
「こんな感じの黒い光る物が化石ですよ」って実物を見せに回ってこられました。
「Σ(・ω・ノ)ノ! ・・・・・・あ、あの~ぉ、もしかしてこの黒いのって~ぇ・・・」
自分の持っていた黒い筋の入った石を見せると、
「あ。それ植物の化石です」


わたくし、壊してました。



知らないって罪ですね。





どーでも良い話ですが、
この発掘現場って、山の上の方にあるんですよ。

ここへ向う間、バスのガイドさんがしきりに、
「今日は涼しくて、皆さんラッキーですね~」って言っていたんです。
しかし、バスの窓からチラホラ白いモノが見えるようになっていて、
「涼しい???そうなの???」と。

20150504_yagai6

涼しい・・・じゃなくて“寒い”でしたけどね。

上着を着ていたとは言え中は半袖だったので、かな~り冷えました。
バスに乗ったら暖かくてホッとしましたよ(笑)



さて、再び父母の待つ博物館本館へもどりましょう!!




その③につづく。


















5月4日 博物館① 『大昔へトリップ』

前日散々遊び倒した為、かなり疲れが溜まっていたのですが、
この日はあさぞう実家の父母も交え、
早朝に愛知県を出発しました。

ちゅー兄ぃは車中で寝ていくかと思いきや、
ほとんど起きたまま。
大丈夫かいな・・・。


4時間半が過ぎて、ようやく目的地の丸いドームが見えてきます。
前を走る3台の車も、行き先は同じようです。

20150504_tohtyaku1

駐車場の開門が8時と聞いていたのに、
7時半に着いたら既に開いていて、それなりに車が止まっていました。

前情報と違うけど、
開門待ちせずに入れて良かったね~とか話しつつ、
周りを散策。


20150504_tohtyaku2

20150504_tohtyaku3

着いた場所は、↑↑↑ ここですよ~。


前日、動物園内の博物館で、予想外に恐竜を見てしまったのですが・・・。
勿論こちらは全然規模が違うので、
大変楽しみです。(当然あさぞうの趣味でございます~)


開場までにまだ1時間もあるから・・・とかノンビリしていたら、
気付いたら入り口の前に列が出来ていました!

あさぞう一行、慌てて列に加わります。
(一つ前の画像を、よーく見て貰うと分るのですが、
その時点で列は出来初めておりました・・・)


20150504_retu1

列に加わった時が7時45分くらい。前にはこの列。


そして・・・。
ものの15分がたった頃には・・・

20150504_retu2

20150504_retu4

私たちの後ろに、矢印の所まで列が連なってしまいました Σ(゚д゚;)



えっと・・・?
開場って8時半だよね?(これでも普段より30分早めているそうですが)

更に、追い討ちを掛けるように雨が降ってきてしまい、
博物館側の配慮で、結局8時20分開場となりました。




博物館の中には、動く恐竜やら、

20150504_ugoku1


白亜紀の環境を再現したジオラマやら(ジオラマの恐竜も動くし、声も出します)、

20150504_ugoku2

当然ですが、全身骨格もわんさか!

20150504_kokkaku1

↑ 一番手前の一体は、本物の化石を使っているそうです。
この一帯は鳥脚類の恐竜達。

“鳥”の字が付くのですが、鳥の先祖ではありません。



お鳥様の系統の恐竜はこちら~ ↓

20150504_kokkaku2

獣脚類のゾーンです。
右側の黒っぽい骨格の方が、かの有名な“ティラノサウルス”ですよ。


私たちくらいの年代(40代以上)には、
どうも馴染みがないようですが、
鳥はこのティラノと同じ系統の恐竜から枝分かれした生物なんですよね。

でも、
あさぞうの目的はここじゃないですけど(笑)




ティラノさんより、もっと鳥に近い系統の骨格。

20150504_kokkaku3

福井で発掘された“ドロマエオサウルス類”。(新種の可能性もあるそうです)

どこが鳥に近いのか、って?

20150504_kokkaku4

腕のトコ、見て~!
ほら~。羽が生えてるっ♪
“羽毛恐竜”と呼ばれる恐竜の一種なんです。

“ドロマエオサウルス類”の中には、
“ミクロラプトル・グイ”のような、
「飛べるんじゃない?」的な羽毛を持った恐竜もいたのだとか。






ここ辺りまで見たところで、シアターでアニメ映画が始まる時間になり、
そして映画を見終わった途端、ちゅー兄ぃが「お腹空いた」と言い出しました。

朝食が早かったので仕方ありません。
一旦恐竜達から離れ、一行はレストランへ行く事にしました。


吹き抜けの辺りを歩いていたら、あまりの人の多さにウンザリ・・・。
だって、博物館に入った時の写真がこれですよ ↓

20150504_kannai1


それが、お昼の時にはこれです ↓

20150504_kannai2



恐竜を見ている最中も、
「恐竜見てるんだか、人間見てるんだか、分らないくらいだな~」と思っていましたが、
セール時のショッピングセンターですか・・・って感じです (;´д`)トホホ…





その②につづく。



2014年10月 6日 (月)

トライアングラー

まーた、フィギュアの模様替えしちゃった heart04

20141006_macross1


前回(9月19日)と何処が変わったって?
ほら、そこそこ。後ろの、ほ~ら・・・

20141006_macross2

真ん中の人が増えたでしょ。


一応・・・、これ、女の子じゃないよ。
メッチャ少女漫画チックだけど、男の子。
『マクロス フロンティア』の主人公アルトさん。



このフィギュアさー、リサイクルショップとかには置いてなくて、
旦那君に頼んでオークションで落として貰いました coldsweats01
少しでも安く・・・と思って、ちょこちょこ覗いては見てたんだけど、
どーもこの人形、あまり出回っていないのか、お値段もなかなか。
多分半年以上探してたと思うが(もしかして一年近く?)、
この度ついに諦めて購入。

やっと同じサイズでトライアングラーが完成したよ~ぉ heart04





ところで・・・、
このアルトさん、我が家の最年長鳥あるるんと同じ名前です。
でも彼女、いつも「あるちゃん」とか「あるるん」としか呼ばれてなかったから、
以前病院に連れて行った時に、問診表に『あると』って書いたら、
ちゅー兄ぃがビックリしていました。

「『あると』ってだれ?」
「・・・・・・は?『あると』じゃん」
「これ(あるちゃんと指差して)『あるちゃん』だよ」
「・・・・・・『あるちゃん』の本当の名前は『あると』だよ?」
「Σ(゚д゚;) あるちゃん、メスじゃんっっ?!」

どうやら、『マクロス フロンティア』の主人公、
早乙女アルト(男)と一緒なのに衝撃を覚えたようです。




世の中には男でも女でもどちらでもOKな名前があるって、
7歳児(その時は6歳児)のちゅー兄ぃは知らなかったみたい。

でもね、
そう言うちゅー兄ぃの本名も、実は両用可能なんだな~ぁ coldsweats01
本人に伝えるべきか悩んだあさぞうでした。









2014年9月19日 (金)

腐女子・・・っていうのか???

あさぞう家のリビングには、こんな物が飾られています。


20140919_macross1


飛行機は全てちゅー兄ぃの玩具です。
・・・が、フィギュアはあさぞうの物です coldsweats01


漫画好きな女子の事を『腐女子』って言うんですか?違うのかな?
まー、何でも良いですけど。
実はあさぞー、大の『マクロス フロンティア』好きなのです heart01

リアルタイムで放映を見ていた訳ではなく、
たまたまYouTubeで見た歌姫シェリルに釘付けになりましてね。
即効DVDを大人借りしてきました。



何ていうのか、私、も~ぉシェリルがすっごい大好きなんです!!
(シェリルは、後ろに並んでいる女の子の真ん中の金髪さんです)
彼女の、強さも弱さもその考え方も生き方も、
とてもただのアニメの登場人物な感じがしなくて、
最初から最後まで目を離せませんでした。

勿論、ステージに立ってるシェリルも、
本当に『歌姫』ってこういうんだろうな・・・って。二次元な人ですけどっ(笑)
特に映画版の、廃墟の中でアカペラで歌い始めるシーン、
本当に鳥肌が立ちました。
歌を聴いて鳥肌が立つのって、何年ぶりだろう?
平井堅の『大きな古時計』聞いて以来かも。
いやいやいやいや、アニメ、馬鹿に出来ませんね~~~ぇ shine



そんなこんなで、大好き『マクロス フロンティア』のフィギュア。
今日は模様替えしてみました。

20140919_macross2

シェリルとランカちゃん、衣装替えですっ wink
前のよりちょっぴりゴージャス。かわいいよン heart04





いや、そんだけなんですけどね。






2014年8月24日 (日)

またもや恐竜本、と恐竜色々


本屋でまた見つけてしまった!

20140824_kyouryu


デアゴスティーニみたいな週刊の本のようです。(朝日新聞?が出版してるのかな?)
本当は他の号も欲しかったのですが、
とりあえず恐竜&鳥類の部分と創刊号(安かったから)のみ購入。

もう、ここまで来ると、アホですね~ happy02sweat01



何ていうか・・・、
恐竜の時代ってホント長かったんですよね~。
それこそ、時代の途中で色々進化が起こっちゃうくらい。
私たち人間は哺乳類だから、
ついつい哺乳類を優遇視しちゃったりするんだけど、
惑星規模で考えたら恐竜の方が重要生物なわけだ。
も、まさにメインキャストだよ。うん。
しかも、恐竜から続く遺伝子の流れは、現在も鳥類へと続いているようだし。


なんか最近の研究では、恐竜と鳥類の区別が、
だんだんあやふやになっているんだとか。

そもそも恐竜と鳥類を区別する事自体、現実逃避的な気がします・・・ despairsweat02
実際に恐竜と鳥類が混在した事実はまだ見つかってないようですが、
どう考えたって始祖鳥登場より前から、鳥(に類似した恐竜)、居たと思うんだよね~。
飛べたかどうかは当然分りませんが coldsweats01
化石でも見つかっちゃえば、パパパーッ!と判明するのにね。
でも始祖鳥より、より現世鳥類に近い恐竜が居たとしたら、
化石が残らないのも無理ないかなーとか思う私。
鳥さん達の骨ってスッカスカだもんね。一億年とか、絶対残らないよっ sweat01
だから、きっと鳥の起源はずっと謎のままなんだろうなぁ、って。


※ 鳥の骨、スッカスカ ・・・ 鳥の骨は中空です。
                  飛ぶ為に軽くしたワケではなく、
                  恐竜巨大化に由来した模様(ホント?)。
                  たまたまその中空の骨が飛翔に適しちゃったんだと・・・





ところで、最近の図鑑。
ちゅー兄ぃが小学校に上がる前に図鑑でも・・・と売り場を覗いたんですが、
恐竜の図鑑に唖然。
恐竜がカラフルなんですよ~~~ぉ!
羽毛恐竜が居るのは当然知っていたのですが(ええ。オタクですからっ note)、
赤とか黄色とか白とか黒とか・・・・・・。
いや、そりゃ、それが正しいんですが・・・、
何て言うのか、自分達の子供の頃の図鑑と違いすぎて衝撃でした。


今の子供達にとって、恐竜に色があるのが普通なんですね~。








2014年6月10日 (火)

カフェオレ モナーレ


あさぞうはコーヒーが好きです。
食事に一杯・・・なんてものではなく、
一日の水分摂取は、食事かコーヒーかってくらいに。

最近のお気に入りは、

20140610_caffe_2

これです。
いつも、近くの病院内にあるタリーズで買ってきます(笑)
今はこれを水出ししてます。
(ホットで飲んでた時期はブラジルなんとか~ってヤツの方が好きでした)




本当は、コーヒーにお金をあまり掛けたくないんです。
コーヒーは好きだけれど、コーヒー通って程でもないので。
この7~8年くらいは、スーパーで買ってきた粉で淹れていました。
とっかえひっかえ色々な粉を使ってみたのですが、
何かどうも・・・・・・

たまたま病院に行った時に飲んだコーヒーが、
とても美味しかったんです。
それ以来タリーズで買ってます。


2014年5月 7日 (水)

蔵書

活字を読むのが非常に遅いあさぞう。
それでも寝る前の僅かな時間にちみちみと読書しています。


最近(というか、この数年)幾つか読んだ本に、
こんなのがあります。

20140507_book1



ええ。ええ。何とでも言ってくださいっ(笑)
鳥好きが講じて恐竜分野まで手を伸ばしております。
(左下の黒い本はまだ途中読みです)
恐竜の名前を言われたって、正直全然分らないんですが、
生物としての鳥類の存在位置とか、色々面白いのです。


しかし、何で歯のある恐竜は生き残れなかったんだろう?
恐竜に羽毛があったのは、今や公然の事実です。
その中のごく一部だけが生き残って、
現在の鳥類へと引き継がれている訳なんですが、
歯のない恐竜だけしか生き残れなかったのは何で???
鳥類に歯があったら、もしかしたらもっと以前に
恐竜→鳥類という図式が解明されていたんじゃないかと思うわけですよ。

ま、もっとも、カラスとかが牙持っていたら、
そりゃー恐ろしい存在になること間違いないですが。
生態系のバランス、絶対変わりますもんねっ!




↓ 打って変わって、こっちは蔵書の中でかなり古いもの。

20140507_book2


下のグレーの本、初版はあさぞーの生まれた頃なんですよ!
(購入したのはもっと後になってからです)
左上の“小鳥の気持ちがわかる本”は、
監修が知る人ぞ知る、故高橋達志郎先生です。
購入当時、何度も繰り返し読んだ記憶があります。

まだ、自由に使えるお金に(今より)余裕がなかった頃、
愛鳥たちの為にと購入した本達。
中には、現在の鳥飼いではタブーとなっている内容もあるかもしれません。
が、捨てられない思い出の本です。

2014年4月 4日 (金)

飛行機コレクション

ちゅー兄ぃの趣味・・・と言うか、あさぞうの趣味・・・?
我が家には飛行機の玩具が幾つか並んでいます。


20140404_tyunii_collection

マクロスのVF25と自衛隊の○○。
○○・・・に当たる名前は、実は知りません (^-^;



元々ちゅー兄ぃが飛行機好きだったので、
マクロスのDVDをレンタルしたら、私の方がハマってしまいました。
歌姫のシェリルが大好き♪

で、マクロスのなら良いよ~、良いよ~・・・
と玩具も買ってしまったという。





わたくし、バカ親ですかね
┐(´-`)┌

その他のカテゴリー

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ