« まいけるのこと。 その1 | トップページ | 読み聞かせ 『わすれんぼうのねこ モグ』 »

2016年2月21日 (日)

まいけるのこと。 その2


便の様子が悪くなったので、
強制給餌用のシリンジを、最初に使っていた3mlの物1本に戻しました。

20160209_futosa1

使い古したシリンジの画像ですが、太さは一目瞭然。

20160209_futosa2

どう考えても、モルの口には1ml用の方が入り易いのですが、
1mlシリンジだと水分少な目のフードが入れにくいんですね。


シリンジを戻して更に2日ほど・・・。
便が元のコロコロした状態に戻ってきました。

しかし、便の状態とは裏腹に、自力では全く食べなくなってしまいました。



後から考えると、もしかしたらこの時の不調は、
最初の病院で処方された抗生剤のせいだったかもしれません。
モルモットは、抗生剤に大変敏感な生き物なのです。
今となってはもうどちらでも良いのですが。




いつまでこの危なげな状態が続くのか。
このまま強制給餌だけしていれば良いのか。

便はそこそこ大きくコロコロした物になりましたが、
まいけるの膨れたお腹はそのままです。
「いつになったらガスが抜けるのだろう・・・」

強制給餌する為に不眠な日が続きます。
元々睡眠障害から不安定になり易い私には厳しい面もあり、
不安は日に日に大きくなっていきました。

20160214_onaka1

その頃のまいけるのお腹です。
太っているのではありません。
特に右側のお腹が膨れているのが分るかと思います。

20160214_onaka2

左側も、上からでは分りにくいのですが、
正面から見るとお腹が床に触れて脚が見えなくなっています。




私の様子を見かねた夫からの薦めもあり、
2月13日に市内の小動物を診られる、評判の良い病院を受診する事にしました。


レントゲンとエコーの結果、
腹部に相当大きな腫瘍がある事が分りました。
腹腔内の3分の1~半分程もある、本当に大きなものです。

あまりの大きさに愕然としました。

こんな大きな腫瘍があったら、そりゃあ胃腸障害にもなるでしょう。
心臓も若干肥大しています。
(これは最初に診て貰った先生も言っていました)
先生の見立てでは、腫瘍に圧迫されて血流への影響もあるので、
心臓が頑張って血液を送り出しているのでしょうとの事でした。


まいけるは既に5才半になります。
手術に耐えられるのか厳しい所です。
(年齢もそうですが、そもそも小動物は麻酔が大変に難しいのです)
それでも、まいけるが少しでも楽になれたら・・・と、
手術をお願いする事にしました。





その日、まいけるは何日か振りに乾草を食べていました。
もしかしたら・・・と思い、
まいけるの生まれたショップで売っている乾草を買ってきたのです。
静かにしていると、まいけるの乾草を食べる音が聞こえてきました。
ウォーターボトルから水を飲む音も聞こえてきます。
もう何日も聞く事が無かった音です。

食べているんだから、手術なんて止めちゃおうか?!

いやいや。あんな大きな腫瘍があって、
回復するなんてあり得ないでしょ。
食欲も一時的だよ。


心の葛藤が果てしなく続きます。
その答えが出ないまま夜が明け、手術の日を迎えました。






20160214_saigonomaikeru_2

最後に撮ったまいけるの写真です。



手術は、それはそれは大変なものだったようです。
腫瘍が大きく腹腔内のあちこちに癒着しており、
あまりに激しい部分は、
細胞が一部残る事も覚悟の上切り取った場所もあったそうです。

手術自体は成功したそうです。


ですが、
まいけるは目覚めませんでした。




散々、ネットで麻酔の危険性を調べていたので、
分っているつもりでしたが、
本当の意味で理解はしていなかったのかもしれません。


手術なんてしなければ、
まいけるは何日かは生きられたのだと思います。
一週間くらい?もしかしたら一ヶ月くらい?
寿命の短い生き物にとって一週間とか一ヶ月って、
かなり長い時間ですよね。
まいけるのその大切な時間を奪ってしまいました。



~たら・~れば。
厳禁ですよね。
それでも、考えてしまうのです。
後悔しか残らない時は特に。






話は前後しますが、
まいけるの取った腫瘍です。

20160214_zinzoh_2

まいけるの体重は920~940gくらいでした。
(測る時によってコロコロ変わったんです・・・)
この腫瘍、なんと140gもあります。

手術前は、脾臓ではないかと思われていましたが、
実際は右の腎臓でした。
なる程、だから右側のお腹だけが異様に膨れていたんですね。

元々の腎臓の大きさは2cmくらいだそうです。



最初に受診した病院の先生が、
しきりに「腎臓が・・・」とおっしゃっていたんですが、
もしかしたら薄々この腫瘍の事を分っていたのかしら?
分っていたけれど、モルモットの手術は難しいし、
延命処置のみが良いだろうと言う判断だったのかもしれません。

これもまた今更な話ですけれど。









20160214_okaeri

おかえり、まいける。






◆ 余談 ◆

いつもソファの上からまいけるを眺めていたふぁたろう(白猫)が、
動かない彼を不思議に思ったのか、
ケージの隣に座ってじーっと見ていました。
「まいけるさん、もう動かないよ」と声を掛けると、
「にゃ~ん」と一声鳴き、またまいけるをじーっと見ていました。
















« まいけるのこと。 その1 | トップページ | 読み聞かせ 『わすれんぼうのねこ モグ』 »

もる」カテゴリの記事

コメント

まいけるさん、残念でしたね。
まいけるさんからもらったこれまでの思い出を胸に、ほかの家族のみんなと楽しい毎日を過ごしていけたら、それもまたよい供養となるのではないでしょうか。
旅立ちは誰しも順に訪れます。
まいけるさんはちゃんと愛を受け取ってくれていたと思いますよ。

鼻出血からのまいける君の事まで短期間に沢山の事があったんですね(ノД`)
そしてこんなに大きな腫瘍は初めて見ました!小さい体にこれだけの物が占める割合って凄いですよね。
キレイにして貰って家に帰って来たんですね。
看病お疲れ様でした。ペットロスになっていられないって、あさぞうさん格好良すぎです!でもわかりますよ〜。
最後の1羽がいなくなるのが怖くて昔から複数飼いしてきましたから(^_^;)
落ち着いたらまたもっちゃん達の登場楽しみにしています!

・・・すればよかった、・・・していたら
後から思ってしまうものです。
でもそれはあさぞうさんをはじめ、ご家族みんなが
まいける君にとっての最善を尽くそうとしたから。

みんなに愛されて幸せだったよと言っているはず。
うん!ペットロスになんてなってられない!
うちもそうだけどね。

かぴまゆさんへ

かぴまゆさんに「モルモットの名前、まいけるにしたよ~♪」と話した日を、今でも覚えてます。
まいけるさんはね、ちっちゃいクセに存在感がある子だったんですよ。
冷蔵庫の野菜室を開けると「プイプイプイプイっっ!!」と大騒ぎ。
今はその声が聞こえないのに、まだ慣れないです。
鳥たちにおやつを配っていると、ついまいけるのケージへ足を向けちゃうんですよねー。
まいける。また戻ってくるかなぁ。

ミスティさんへ

実は、1月からずーっとトラブル続きなんです、我が家(笑)
ブログには書いていませんが、唖然となる「ドラマネタか?」な出来事もあって、
お正月に神社へご挨拶しなかったからやろか?!と真面目に思ったり。
(我が家、神道ではないですよ)

まいけるの腫瘍、大きいですよねー。
エコーを撮ったら、何処から撮っても腫瘍が邪魔して、
他の臓器が確認出来ないって先生がぼやいてました。
人間だったら直径20~30cmくらいですよーって。
人間で20~30cmの腫瘍って・・・。その人、生きてますかねぇ???(-_-;)

ペットロス。
分かります!!私も誰も居なくなったら・・・と考えると怖いんです。
他の子が居ると、不思議と強く居られるんですよねー。
だからたくさん飼っていると言う訳ではないのですが(笑)

maruさんへ

~たら・~れば。
後から後悔はしないように・・・と思ってはいるんですけどねー。
見事に毎回後悔していますねぇ・・・(^^;)
でも、あんな大きな腫瘍を抱えて、最後に苦しんで逝かせるよりは良かったのかな?とか、
今はちょっと前向きになりました。
ただ、ちゅー兄ぃがねー (-_-;)
あの子は“まいけるさんが生きて帰って来ないかも”とは全然思ってなかったようで、
ショックが大き過ぎたかもです。
(一応説明はしたのですよ?)

maruさんも、ペットロスにはなっていられなそう~(笑)
これは複数飼いの強みかもしれませんね。
逝ってしまった子を思い出して哀しんでいる横から、
純粋な目が見つめてきますもん。
きっと逝った子も、飼い主が泣いてばかりいるのは望まないだろうし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1958519/64063500

この記事へのトラックバック一覧です: まいけるのこと。 その2:

« まいけるのこと。 その1 | トップページ | 読み聞かせ 『わすれんぼうのねこ モグ』 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ