« 好き放題のピンクちゃん | トップページ | 気まぐれの塩の土 »

2015年9月18日 (金)

ビックリ画像 『死んでません!』

先週の事。
ウロコりっちゅの足環が、踵の関節より身体側、
腿のところまで上がっている事に気が付きました。

慌てて捕まえて、指でチョイチョイ触ってみましたが、
まったく元の位置に戻すことが出来ません。
クルクル回るので、きつくて食い込んでいる事はないようです。


そして、そのまま一週間。

もしも関節に引っ掛かって、骨折なんて起こしたら一大事。
一昨日、急遽動物病院の予約を取りました。



これは、その日の画像。
写真を撮ろうと私の指を捕まえさせ、足をまっすぐに引っ張った所、
な~んと、元の位置に戻りましたっ (;´▽`A``

20150916_asiwa1

この直前まで、足環は腿の所にあったんですよ・・・。



予約した動物病院、どうしようかとしばし考え込み。

実はりっちゅ、車酔いする鳥なのです。
我が家の主治医の所ではなく、
鳥好きな先生の居る市内の動物病院を予約していました。


主治医の所で足環を切って貰えるかどうかも分らないし、
まぁ、この機会に切ってしまいましょう!という事になり、
夕方動物病院へ~。




さて。
今回のタイトル。ビックリ画像です。
言っておきます!『死んでません!』からね?









20150916_sindenai


麻酔でおねんね中です。




足環の材質により、簡単に切れない物もあるし、
何より、りっちゅが暴れん坊なので、
私に完璧な保定をする自信が無かったのです。

使う道具は指輪切り用らしいですが、
金具を引っ掛けている時に暴れられると、骨折の危険があると言う説明でした。

とは言え、長年鳥を飼ってきて、
麻酔を必要とする事態は経験がありません。(ある意味、有り難いことです)
心配なので麻酔の危険性を先生に尋ねると、

「軽い麻酔なので、大きな危険はありません。
ですが、100%安全でもありません。
これまでに失敗した事は無いです」

との事でした。
で、麻酔下での足環切り・・・となったのです。


20150916_asiwa2

切った足環です。
案外簡単に切れたので、先生も安堵していました(笑)



20150916_sinsatudai

麻酔は本当に軽いもので、僅か5分くらいしか効き目が無いです。

足環を切り、ついでにそ嚢検査もして、
その後プラケースの中へ。

麻酔が切れる時に大暴れするそうなのです。
危険なのでケージでは無くプラケースで麻酔の切れるのを待ちました。

20150916_sinpai

元気者のりっちゅの、見たことも無い姿に、
心配するちゅー兄ぃ。


彼は、麻酔をかける瞬間も本当は見たかったのですが、
「子供さんには影響があるといけないので(気持ち悪くなるそうです)、
部屋から出ていてね」と言われてしまいました。

処置室の扉のガラス越しに、頭のてっぺんが行ったり来たり。
先生の奥様が「心配だけど背が足りなくて見えないみたいね」と笑っていました(笑)


そして、約5分後。
大暴れしてりっちゅが目を覚ましました。
(少しずつ覚めるんだと思っていましたが、いきなりなんですね!)
本当に『大暴れ』。
ケージでなくて良かったです。



先生に言われて1時間後までは注意して様子見していましたが、
心配する事なんて全然無く、ガツガツ餌を食べて、水を飲んで・・・。
病院へ「全く問題ありません」の電話を入れて、
今回の騒動は幕を閉じました。


何だか珍しい体験をした
あさぞうとちゅー兄ぃとりっちゅでした。




« 好き放題のピンクちゃん | トップページ | 気まぐれの塩の土 »

とりちゃん」カテゴリの記事

コメント

病院お疲れさまでした。
りっちゅちゃん無事に足環取れて良かったですね。
それにしてもビックリ画像だよね。
完全に死んでるし。(^^;;
ちゅー兄ぃも心配するよねー

麻酔は一気にさめるんだ。
私も徐々に目が覚めるのかと思ってました。

あきらさんへ

『死んでません!』って強調しておかないと、
あらぬ誤解を招きそうです~(笑)

この先生がまた面白くって、
眠っているりっちゅの身体を、常に仰向けに置くのよ。
体重計る時も、運んで部屋を移動する時も、プラケースに入れる時も。
だから余計に死んでるみたいに見える(笑)

麻酔。ねー。私も徐々に覚めるんだと思ってました!
いきなりバババーッって暴れて、でも、まだ足はフラフラしてましたよ。
鳥はこうなんだなと、良い勉強になりました。

よかった!
無事足環が取れてよかったー!

タイトル見て分かっているけどやはりドキっとしますね、おねんね画像。
ちゅー兄ぃ君も心配だったね(-_-;)

人間が麻酔から覚める時とは違うんですね。
確かに、滅多に経験できない珍しい体験でしたね。

maruさんへ

うちは羽切りをしないので、
何となく足環を残したままにしてあったんです。
(ロストした時の判別用に)
まさかそれがこんな事になるなんて~!
ニッパーとかでも切れるらしいんですが、
りっちゅ、本当に暴れん坊なので、
保定も切るのも一人でするのは不安だったんですね。

鳥の麻酔。手術の場合なんかだと結構怖いものらしいですね。
無事で良かったですー。
今後も、麻酔なんかに頼らずに元気であって欲しいものですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1958519/61668529

この記事へのトラックバック一覧です: ビックリ画像 『死んでません!』:

« 好き放題のピンクちゃん | トップページ | 気まぐれの塩の土 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ