« 2015年4月2日 | トップページ | 2015年4月11日 »

2015年4月4日の記事

2015年4月 4日 (土)

両者様々に。

困り果てた、いぬ。

20150404_komarihateta



まんざらでもない、とり。

20150404_mannzarademonai






勿論、ひとは笑う。













<

エコですから。

「ねぇ。これ、なに?」

旦那くんが洗面所で何やら言っています。


はは~ん。アレの事か。
察しは付いているけれど、つい意地悪な台詞を吐いてしまうあさぞう。
(居るでしょ、こういうヤな奴 sweat01


アレ ↓

20150404_sutemasen1_3

「ビーズだよ」


「・・・・・・分ってるよ」
ごもっとも。




20150404_sutemasen2_2

りっちゅのケージに入れていた、この玩具に付いていたんだけどね。
洗ってからくっ付けようと思って。


でもこの玩具、ビーズを皮ひもに全部通してから結ぶの、
結構大変でした。
20分は掛かったかな。



20150404_sutemasen3_2

設置完了 sign03




利用出来る物は利用する。
エコの精神を忘れずにっ happy02shine


趾瘤症


今回、ちょっと真面目な病気の話です。



一ヶ月くらい前、ボウシるーと遊んでいる時に気付きました。
彼の左脚の裏が赤いんです。

最初は「皮がめくれたのかな?」くらいに考えていたのですが、
一週間たっても赤いまま。
しかも、よーく見てみると、別の指にもうっすら赤い部分が・・・。


これは本日撮影したものです。

20150404_asi

第一趾と第四趾の、どちらも付け根辺りです。




これはちょっと・・・・・・と。
長年の鳥飼いの勘なんですけどね。
おそらく初期の趾瘤症ではないかと思います。

発見から今まで、止まり木を何度も洗ったりはしてみたのですが、
一向に赤みが退きません。
う~~~ん。困った。



彼のケージの止まり木は2本。
一方はコンクリ製で太さの異なった二股枝の物、
もう一方はステンレスのザリザリした物。
それぞれが違う太さになっています。

寝る時は基本的にはステンレスの止まり木で、
昼間のうとうと寝の時は、コンクリ製の細い枝に居るのを見る事もあります。
さてはて、いったいどっちの止まり木に問題があるのか・・・。



これはもう、素人に何とか出来るものではありませんね。
来週は病院へ行こう。

トホホ・・・。






ところで、
あさぞうは古い昭和の鳥飼いなので(笑)、
この病気を“趾瘤症(しりゅうしょう)”と呼ぶんですが、
最近では一般的に“バンブルフット”と呼ぶんですねっ。知りませんでしたっ!

まぁ、呼び方は違えど、結局は飼い鳥特有の病気には違いなくて、
治りにくい病気なのも変わらないようですが。










« 2015年4月2日 | トップページ | 2015年4月11日 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ