« さらさらカレー | トップページ | 何枚目かな・・・(怒) »

2014年5月 7日 (水)

蔵書

活字を読むのが非常に遅いあさぞう。
それでも寝る前の僅かな時間にちみちみと読書しています。


最近(というか、この数年)幾つか読んだ本に、
こんなのがあります。

20140507_book1



ええ。ええ。何とでも言ってくださいっ(笑)
鳥好きが講じて恐竜分野まで手を伸ばしております。
(左下の黒い本はまだ途中読みです)
恐竜の名前を言われたって、正直全然分らないんですが、
生物としての鳥類の存在位置とか、色々面白いのです。


しかし、何で歯のある恐竜は生き残れなかったんだろう?
恐竜に羽毛があったのは、今や公然の事実です。
その中のごく一部だけが生き残って、
現在の鳥類へと引き継がれている訳なんですが、
歯のない恐竜だけしか生き残れなかったのは何で???
鳥類に歯があったら、もしかしたらもっと以前に
恐竜→鳥類という図式が解明されていたんじゃないかと思うわけですよ。

ま、もっとも、カラスとかが牙持っていたら、
そりゃー恐ろしい存在になること間違いないですが。
生態系のバランス、絶対変わりますもんねっ!




↓ 打って変わって、こっちは蔵書の中でかなり古いもの。

20140507_book2


下のグレーの本、初版はあさぞーの生まれた頃なんですよ!
(購入したのはもっと後になってからです)
左上の“小鳥の気持ちがわかる本”は、
監修が知る人ぞ知る、故高橋達志郎先生です。
購入当時、何度も繰り返し読んだ記憶があります。

まだ、自由に使えるお金に(今より)余裕がなかった頃、
愛鳥たちの為にと購入した本達。
中には、現在の鳥飼いではタブーとなっている内容もあるかもしれません。
が、捨てられない思い出の本です。

« さらさらカレー | トップページ | 何枚目かな・・・(怒) »

とりちゃん」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1958519/56310710

この記事へのトラックバック一覧です: 蔵書:

« さらさらカレー | トップページ | 何枚目かな・・・(怒) »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ